カランコロンカラ〜ン

喫茶店のドアをあけるとドアベルが鳴った。
店は落ち着いた雰囲気で、
カウンターの中には中年の女性がいた。
客は俺達だけみたいだった。

「いらっしゃい。あ、橋口君!おかえり。今年もよう来たね」
「ご無沙汰してます、ヨーコさん」
「アラ…!え…?こちらは…?」
「ハハハ、そっくりでしょう。新しい恋人のユキヒロです」
「はじめまして。名取ユキヒロといいます」
「イヤー!ビックリやわ。こんなそっくりな人が居るもんなんやね。
あ、和泉の妻で、ヨーコ言います。旦那が川口君の同僚やったんですわ」
「よろしくお願いします」
「あの、和泉さんは?」
「非番やから寝とるよ。ちょっと待っとってね、
飲み物出したら起こしてくるから。とりあえず座り。何にする?」

俺達はカウンターに座った。

「えっと、アイスコー…あ、冷コー1つw」
「冷コーてw今時あんまり聞かへんよw」
「レイコー?コーラの事?」
「冷たいコーヒーで、冷コー。もう死語やなw」
「なるほどー」
「で、お前何にすんねん」
「あ、決めてなかった!えっと、えっと……」
「ゆっくり決めたらええよ」
「んー…じゃあ、ミックスジュース」
「はい、ミックスジュースやね」
「プwww」
「なにさー」
「イヤイヤ、なんでもないw」

アイスコーヒーとミックスジュース、
ガラスのボウルに入れられたチョコレートが俺達の前に並んだ。
ヨーコさんは2階に和泉さんを起こしに行った。
しばらくして40代の男性がカウンターに入ってきた。
和泉さんか…現役の警官らしくガッチリした体型をしている。
顔は全然イケなかったけどw

「いらっしゃい。橋口君。こちらが名取君か…
ホンマやわ、川口にそっくりやな」
「はじめまして、名取ユキヒロです」
「そっくりすぎやからなんか変な感じやわw」
「ですよね、僕も写真を見たときビックリしましたよ」
「それじゃあ、夕飯の支度するからゆっくりしとってね。
今日はご馳走やからね♪あんた、店番お願いね」
「はいよ」

そういってヨーコさんは出かけていった。

「もうあれから12年なんやな」
「ええ、早いもんですわ」
「橋口君も、やっと幸せになれたみたいやし、今晩はお祝いやな」
「いいんですよ、そんないつも通りで」
「え、今晩って…?」
「橋口君、毎年お盆に川口君のお墓参りに来てくれるから
その時はうちに泊まってもらってるんよ。
元々ここは、橋口君と川口君の家やったからな」
「え、それじゃあここが…」
「そう、龍次さんとオレが昔住んでた家やねん」
「そうだったんだ…」

チョコレートを一つ食べる。
口の中に少しの苦味と甘さが広がる。

「2人はもうすぐ1年?」
「イヤイヤ、5月に知り合ったばっかりやから、まだ3ヶ月ですよ」
「えー、そんな付き合いたてなんや?
なんかそういう風に見えんかったわ。
てっきり去年来てくれてからすぐに知り合ったんかと思ったわ。
ほな、今一番幸せいっぱいで甘い甘ーい感じなんや(*´∀`)」
「ええ…wまあそうですねw」
「夜とかどんなんなん?(*゚∀゚)=3」
「コラ!興味ないやないですか!www」

夕飯は焼肉だった。和泉さんと泰三さんはビール
ヨーコさんとオレは酎ハイで乾杯した。
2年前に伊勢原の叔父さんが病気で亡くなってから
帰省というものに縁がなくなっていたオレにとって
まるで親戚の集まりのような食卓はなんだかすごく楽しかった。
一晩お世話になるお礼にと、台所を借りて
夕飯前に買ってきておいた材料でレアチーズケーキを作った。
和泉さんもヨーコさんも喜んでくれた。

「おやすみなさい」
「明日早いから、パンツ脱いだりせんとゆっくり寝るんやでーw」
「和泉さん!下品やから!w」
「あ、ダブルベッドだ。いいのかな、こんないい部屋使わせてもらって」
「昔からここだけは変わってないな…」
「え…?」
「オレが住んでた頃と全く一緒やねん。
多分オレのために使わんとそのままにしてくれてるんやと思う」
「そうなんだ…」
「改築してお店出すときもいちいち相談して来てくれて…
もう和泉さんの家なのにな。ホンマに…」
「泰三さんも龍次さんも、いい人に恵まれてたって事だね」
「そうやな。さ…寝る前に」
「ん?」
「和泉さんは何もするなって言ってたけど、キスくらいはええやろ?」
「…うん」

ベッドに横になると、ゆっくりと抱きしめられた。
そして、優しく頭を撫でてキスをしてくれた。

(泰三さんは龍次さんとこうして寝てたのかな)

昔と今を重ねて少し胸が苦しくなったけど
泰三さんの体温は心地よかった。
(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆かいせつ★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)

さて和泉家に来た二人ですが、
泰三は毎年お盆の墓参りの時にここを訪れているという設定です。
そのため12年ぶりに訪れた店長たちの反応と
和泉家の夫婦の反応が違うのです。

えーまたこの家はモデルがありまして
新世界に住む友人宅がモデルです。
ハイあのエロDVDを30枚くらい一気にくれたり
ネットブックを貸してくれる親友です。

まそんな感じでしょうかね。
和泉さんがゲイに対して理解を示してくれているという事も
書いておきたかった事ですね。