家に帰ると早速お菓子を作り始めた。
2人はドアを隔てたリビングを掃除してくれている。
作るものはチョコムースタルトにしようと決めていた。
30分ほどでタルトは出来上がった。後は冷蔵庫で冷やすだけだ。

そして最後の仕上げ…の前に

「掃除ははかどってるのかな…ってオイ!」
「あ」
「あ。じゃないよ!なにマンガ読んでんの!?」
「いやあ、ハガレンおもろいなあ。食わず嫌いはよくないわ(´ω`)」
「感想とか聞いてないし!つーか読み終わった本で余計散らかってるよ!」
「アホか、これは今から読む分やで」
「イヤ、そんなんどっちでもいいから!」
「つーかお菓子まだー?(・3・)」
「次にここ開けた時片付いてなかったらオレが全部一人で食う!」
「太るでw(´ー`)」
「太るよw(´ー`)」
「そ…それでもいいもん!ε=(*`ω´*)」

まったく…。
さて、続きに取り掛かるか。オレはチョコプレートとチョコペンを取り出した。
これだけは絶対に見つかるわけにはいかなかった。
スーパーでも別行動にしたほどだった。

「これでよし…」

チョコプレートを冷凍庫に入れる。

「さあ。後はできるまで放置だから掃除手伝うよー」
「手伝うって…お前の部屋なんだけど…」

***

「ご馳走様!」
「たまにはピザもええなー」
「そうだねー」
「ユキヒロお菓子まだー?」
「はいはいお菓子お菓子」

タルトにチョコプレートを載せてテーブルに出した。

「ハイどうぞ!」
「……へ?」
「おお!(*゚∀゚)=3」

タルトの上に載せたチョコプレートには

『たいぞうさんへ オレとつきあってください』

と書いておいた。一応、ってワケじゃないけど、きちんと告白したかったから。

「こういうことでしょ♪ムードのある告白って」
「お前……」
「ヒューヒューだよ♪」
「牧瀬は古いw」

お皿を取りに行こうとした時、ガッと手を掴まれてそのまま抱きしめられた。

「ありがとう…ホンマに……オレも、大好きやで」
泰三さんの声は少し震えていた。

***

「さて…と。それじゃ、帰るわ」
「え、何で?まだ1時じゃん」
「いいの。邪魔者は去りますよw後はごゆっくりwww」
「アホ!」

ちゃんと付けてからやれよ!と余計な一言を残して慶吾は帰っていった。
玄関先で慶吾を見送った俺達の間に妙な沈黙が流れた。

「……えーと」
「……風邪、ちゃんと治してくれたから…」
「ん?」
「約束…。ご褒美だよ」
012

オレは背伸びをして泰三さんにキスした。
自分からリードするつもりだったけどキスしただけで頭が真っ白になった。
たぶん10〜20秒くらいの事だったんだろうけど
すごく長いような、一瞬の出来事のような…
俺達のファーストキスはそんな感じだった。

「……これだけか?」
「…他にも?欲張りw」
泰三さんはオレを抱き上げてベッドまで運んでくれた。
「……好きやで。ユキヒロ」
「オレも…大好きだよ。泰三さん」
キスしながらジャージのファスナーを下ろした。下はタンクトップだけだった。
タンクトップもゆっくり脱がせた。初めて見る泰三さんの裸。
「すげー体…」
「お前も脱げや…」
泰三さんはオレのTシャツを脱がせた。
「綺麗な肌してるやん」
そのまま抱きしめられ、ゆっくりと押し倒された。
肌と肌が触れ合う感触はすごく好きだ。それが、愛してる人なら尚更。

「でかいな…」
「そ、そうかな…?泰三さんのも結構でかいんだけど」
「そうやろ?w」
「自分で言ってるしw」
「なあ…ユキヒロはどっちなん?」
「オレはタチリバだよ。泰三さんは?」
「オレはウケはちょっと…な、こんなでかいの無理やわ。タチってええか?」
「うん、いいよ。じゃあ…準備してくるね」

オレはその時泰三さんの表情が
ほんの少しだけ曇った事に気付いていなかった。

(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆かいせつ★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)

告白のやり直しの回です。やり直しというよりはダメ押しみたいな?
自分の部屋の掃除を頼んどきながらキレてるユキヒロと
マンガ読んでマイペースな泰三&慶吾のコンビネーションが
個人的に気に入ってます。
一度削除した幻の12話ではスーパーで別行動している時に
ユキヒロ宅に米がない事を知っていた泰三が気を効かせて材料を買い
塩焼きそばを作って振舞うという描写があり、
泰三の料理の腕前を披露する最初のシーンだったのですが
ムダに長くなるため削除しました。
タルトの告白もまさにアマイアマーイな感じで羨ましいです。
慶吾の「ヒューヒューだよ♪」はドラマ二十歳の約束での牧瀬里穂のセリフです。
そしてここへ来てようやく泰三×ユキヒロのエロに!(*´ω`)憎い!w

(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★ゲイ能用語!☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)

*1 タチリバ:「タチ寄りのリバ」の略。「リバ」はタチ・ウケ両方出来る人の事。「リバーシブル」に由来。「タチ寄り」はタチの方が好きなリバ、「ウケ寄り」はウケの方が好きなリバ。けいいちはウケリバです(余計な情報)
*2 準備:アナルセックスをする時に汚れないように浣腸をします。結構面倒くさいけどこれをしないウケはウケ失格だと思う。